1. ホーム
  2. 代表理事・学院長あいさつ

代表理事・学院長挨拶

代表理事 大野 和男

 全人的復権の理念をもつリハビリテーションが、医学の世界に導入されたのは、おおよそ半世紀余り前のことであります。その後リハビリテーション医学は格段の進歩を遂げ、わが国においても"リハビリテーション"という言葉は広く国民の理解を得るまでに浸透してきました。
 我が一般財団法人潤和リハビリテーション振興財団は、早くからリハビリテーションの有用性に着目し、その研究・普及・啓発・実践に努めてきました。その一環として、リハ専門職の養成がリハビリテーションの推進に不可欠であるとの思いから、リハビリテーションという言葉さえ馴染みのない時代(1982年)に本学院を設立し、障害をもたれた方々の社会復帰を念じつつ理学療法士の養成を手がけてきました。
 時は流れ、現在ではリハ専門職が数多く輩出され、身近にリハ医療が享受できる環境になったことは大変喜ばしいことと感じています。しかしながら、今後とも高齢化の進展に伴い理学療法士の活躍の場およびリハビリテーションに対する期待はますます高まるものと思われます。
 本学院は財団の医療ゾーンの一角に位置しいつでも臨床現場が体現でき、将来の職業像を身近に感じることができる教育環境を生かし、また、可能な限り負担の少ない学費設定に心がけながら質の高い理学療法士を育成し、広く地域住民の健康と福祉に寄与することを目指しております。

学院長 脇坂 信一郎

 この度先代の北野学院長の後任として当学院の学院長職を拝命致しましたが、図らずも当学院が設立されたのと同じ1982年に宮崎の地にまいり、旧宮崎医科大学に赴任していたのも何かのご縁ではないかと思っています。
 約40年余前、予防医学、治療医学に並ぶ第三の医学として日本にもリハビリテーション医学が登場し、脳神経外科医の立場からその黎明期の一端を目撃しましたが、先人たちの血のにじむような努力によりその後のリハビリテーション医学の進歩・発展には刮目すべきものがあります。
 今や高齢化社会に突入し、基礎疾患の様相も時代と共に変化しています。さらに医学・医療の高度化、先進化に伴い、様々な障害を持って社会復帰を目指す方たちもまた増加傾向にあります。高度な知識と技術を備えたリハビリテーション専門職のニーズは、今後ますます高まってゆくものと思われますが、リハビリテーションの質の向上はただ単に知識や技術によってもたらされるものではありません。当学院はその教育理念として「自分を愛するが如く、他人を思いやり気遣う心を養いなさい」を掲げています。障害を持った方たちは様々な心の悩み、苦しみを持っておられますが、その悩み・苦しみに心から共感できる惻隠の情が自然に湧き上がってくるような、そんなリハビリテーション専門職を育てたいと思っています。
オープンキャンパスに参加して学校の雰囲気を感じ取ろう!